waya ロゴ waya loading dots

Copyright © Guest House waya 2019

guest house waya
Reservation
Contacts

まさや

2018.12.12

私は大学生活の間、長期休み毎に自転車で日本中を旅していました。
2015年~2016年の期間に、何区間かに分けて鹿児島県から青森県まで縦断リレーを行いました。

 

陸続きで行ける最果ての県まで到達し、「いよいよ次は北海道!」と意気込んで、2017年の夏に ついに北海道に初めて行くことができました。
この時は道央・道南を1週間かけて自転車で周遊しました。

 

・大雪や十勝岳付近の道でクマの標識に怯えながら自転車をこいだこと
・札幌が私の地元名古屋ととても似ていて、親近感がわいたこと
・ワイナリーのオーナーに呼び止められ、見学させていただいたこと
・羊蹄山の凛々しい山容に惚れたこと
・ゴールの函館でルートを振り返り、北海道の大きさに改 めて驚いたこと
素敵な思い出がたくさんありますが、ゲストハウスwayaでの人々との出会いは、この旅の中でも 特別記憶に残るものとなりました。

私がwayaを訪れた理由は、大学の友人がwayaでヘルパーさんをしていたことがあり、その経験 談を見聞きしたからです。自転車一人旅は無性に人とお話するのが恋しくなるので、旅人と交流 することのできるゲストハウスwayaに予約し、2泊させていただきました。
自転車旅の途中でwayaに立ち寄り、何より嬉しかったのが、wayaのスタッフの中村さんが自転車日本一周の経験者だったことです!
また、wayaのスタッフのアニルさんが徒歩で日本縦断をした経験者だったことにも驚きました!

 

さっそく札幌から道南方面のルートづくりを手伝っていただき、特に安全面の情報はインターネッ トでも入手しづらいので大変助かりました!
その後も、チャリ旅トークや日本各地での思い出話に花が咲きました。
また1Fのバーでは、地域の方々ともお話することができ、生活の目線から見る札幌の楽しさを教 えていただきました。

 

ゲストハウスwayaは旅人の交流の場にとどまらず、地域の人々も集う場所であり、まさに「一期 一会」の交流を楽しむことができました。
後にもFacebookの投稿などで知ったことですが、スタッフの方々が“welcome”な雰囲気にあふ れる素敵な場づくりに真剣に取り組まれているからこその体験をさせていただきました。
ありが とうございます。

 

この旅が終わってからは、1週間以上の自転車旅には行けていませんが、住んでいる茨城県近郊で 楽しいサイクリングライフを送っています。
きっとまた北海道を自転車で走る日には、ゲストハウスwayaを訪れたいです。