HOME > イベント > 【Green drinks Sapporo! vol.1】 北海道で見つける仕事+aの生き方~greenz植原正太郎さんを招いてみんなで考えよう!

【Green drinks Sapporo! vol.1】 北海道で見つける仕事+aの生き方~greenz植原正太郎さんを招いてみんなで考えよう!

event_greendrink

*無事に終了しました!ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。後ほどレポートをブログにアップ致します。

◆日時

3月7日(土)18:30~21:00
(18:30受付開始、19時スタート)

◆趣旨

北海道で「暮らす」。北海道に長く住んでいるとあたりまえになっている生活スタイルや暮らし方や考え方。それに、あえて「?」をつけてみることで、もっとおもしろい生き方や暮らし方が発見できるのではないか。そんな想いから、全世界でグリーンやサステナビリティをテーマにした飲み会「green drinks」を札幌でも開催することを決めました。
(今後も不定期ですが継続して開催していきます)

*「green drinks」とは、グリーンやサステナビリティをテーマにした飲み会です。ニューヨーク・パリ・北京をはじめ、アルゼンチンからジンバブエまで、世界の800都市以上で開催されているグローバルなネットワークです。

それぞれの地域でユニークな活動をしているキーパーソンなど、魅力的な参加者が集まっているのが green drinks の魅力。日本でも50箇所を超え、各地のオーガナイザーや参加者同士の交流も生まれています。

→もっと詳しくはこちら!
http://greendrinks.jp/

◆第1回Green drinks in Sapporoのテーマ

第1回のテーマは、「北海道」×「ライフスタイル」×「仕事」の組み合わせです。私たちは、北海道という地域性が人の思考や暮らし方、生き方にまで影響を与えていると考えました。例えば、東京だと全国から人が集まり、膨大な情報で溢れ、人から得られる刺激で溢れています。「じゃあ、北海道はどんな地域性なんだろう?」、「地域性は人の暮らし(ライフスタイル)にどんな影響を与えているんだろう?」 、そして「この地域で仕事+aで豊かさを求めることはできないのだろうか?」。
こういった「?」に対して、全国でgreen drinksの輪を広げているgreenzの植原正太郎さんの考える“北海道の可能性”を切り口に、北海道で仕事+aで豊かな暮らし方・生き方を考えてみる「きっかけ」をつくりたいと思います。

◆講師紹介
植原正太郎
NPO法人グリーンズ people事業部マネージャー
88年生まれ。慶応義塾大学理工学部に在学中、greenz.jpの「ライターインターン」として、国内外のソーシャルグッドなウェブサービスの紹介記事などを執筆。卒業後、デジタルマーケティングのコンサルティング会社に入社。2014年10月よりグリーンズに参画。グリーンズの寄付会員制度である「greenz people」を担当。ライフワークとして、NPO/NGOなどの非営利セクターにおけるデジタルマーケティング活用のための支援や勉強会を実施している。趣味はトレイルランニング。

Twitter : http://twitter.com/little_shotaro
Facebook : https://www.facebook.com/little.shotaro
◆内容

①Social goodなニュースを紹介している「Greenz」の紹介
②World café(テーマ:北海道で見つける仕事+aの生き方)
③world cafeの振り返り・まとめ(正太郎さん)

◆どんな人に来てほしいか
・仕事+「何か」を求めている人
・移住してきて、北海道で生活し始めた人
・北海道に住んでいるけど、東京にいって成長したいと思っている人
・北海道での生活にもの足りなさを感じている人
・今の生活に変化を起こしたい人

◆参加費
学生2000円
社会人2500円
*飲み物・お菓子準備します

懇親会(希望者のみ)
1000円

◆注意事項

①今回はworldcafeという話し合いのワークがありますので、途中からの参加は不可とさせていただきます。

②イベントページに参加ボタンを送ってくださった方にはイベント開催1週間前に確認のご連絡をいたします。その際のご連絡をもって正式な参加とさせていただきます。

③イベントスペースは改築前ということもあり、少し肌寒いです。暖かい格好でご参加ください。

CONNECT WITH US